大東流合気柔術の伝承に寄与するとともに、先師・堀川幸道、師・岡本正剛の教えをありのままに伝えることを趣旨としている。 六方会の「六方」とは、天・地・前・後・左・右をあらわす。 これは武田惣角の言葉から、堀川幸道がその意をくみ取って 「武道においても、自分に対して平面的ではなく、常に、立体的攻めを考慮しなければならない。 即ち、自由自在の移動が必要である。」と語られたことに基づくものとしている。 立体的な攻めに対する自由自在な身のこなしという意味が込められている。


- Roppokai -

As well as contribute to the lore of Daito-ryu Aiki Jiu, we purport to convey the true and genuine teachings of the former masters, Horikawa Kodo and Okamoto Seigo. "Roppo" of the Roppokai represents the”Top and bottom front, rear, left and right." This is from the words of Takeda Sokaku. Horikawa Kodo scooped out the meaning and explained to Okamoto Seigo "In martial arts, not only planar attack, always, must be taken into consideration steric attack. In other words, there is a need for freedom of movement. Roppokai has been put is the sense of doing the freely of themselves for the three-dimensional attack.






1949年9月6日東京都文京区に生まれる。
1964年祖父が合気道の道場(合気会国宝社道場)を開いていた影響も受け合気会に入門。
本部道場にて合気道の稽古に励む。
(合気道開祖・植芝盛平に出会う)
1982年11月大東流合気柔術六方会に入門。
宗師・岡本正剛に師事。
2005年七段を允可。
2009年師範を允可。
2015年宗師 岡本正剛逝去により、7月1日 六方会会長に就任。


- Chairman Hayshi Masaaki -

1949September 6th Born in Tokyo Bunkyo-ku
1964Ground father had a Aikido dojo and enrolled Aikikai
trained Aikido at Aikido Honbu dojo.
(Met with Aikido founder Ueshiba Morihei)
1982November Enrolled Roppokai
(Started to train under Okamoto sensei)
2005Promoted to Seventh rank
2009Certified as Shihan
2015After Okamoto sensei passed away in Januray
Inaugurated as Chairman from July 1st




東京本部および全国、海外支部道場での稽古。
年に1度 合宿稽古を開催。

- Roppokai Activity -
Honbu dojo at Tokyo and branches in Sapporo, Ashikaga, Shonan, Nagoya, Osaka.
Training camp in Tokyo every year.
Overseas and Domestic branch seminar 4 times a year.



2017年 合宿 集合写真 (於川越)
2017 Training camp picture (@ Kawagoe)




- HOME - 大東流合気柔術 - 六 方 会 - 宗師 岡本正剛 - 道 場 案 内 - 本部道場稽古日 -

Copyright(C) DAITORYU AIKI JUJUTSU ROPPOKAI All Rights Reserved.